*

日曜大工の企画・構想を練る

   

どういった用途のものを、何処に置いて、どのような大きさ・形で作っていきたいかを考えながらデッサンをしていきます。

どのような雰囲気にしたいのかを想像をしていきながら、こんな感じ・・・という風にデッサンを書いていきます。

あんまりに詳細まで細かく書かないでもいいです。

こだわらずにさらさらっと描いていくと、意外とよいもの・おもしろいもの・斬新なものが浮かんでくることもあります。

実際に置こうとしている場所の前でデッサンをしてみると、その場所にあったもの・形のデッサンが思い浮かんでくるのではないでしょうか・・・。

「デッサンをするのに必要なもの」としては、HBの鉛筆(シャープペンシルでもよいが、鉛筆の方がデッサンしやすいです。)色鉛筆(色を塗らない場合は必要ありません)画用紙・ノート・スケッチブックなど を準備して、デッサンしていきます。

続いて、置きたい場所、取り付けたい場所の確認をします。

そして寸法を測り記録していきます。

寸法は、mm単位で縦(H)横(W)奥行き(D)の3か所を測ります。

寸法を測るのに必要なものは、メジャーやスケール(金属製またはプラスチック製のもの)、差し金L型のモノサシ(ゆがみを測るのに便利です。)鉛筆、メモ帳などを準備していきます。

続いて、記録した寸法を基に設計図を書いていきます。

紙にまずは立体的に何分の1かに縮小した形で描いていきそして寸法を記入していきます。

設計図が出来たら前から見た図とか横からみた図とか、各パーツの平面図も書いていきます。

設計図を書くのに必要なものとしては、モノサシ(長いものと短いものがあると便利です)HB鉛筆又はシャープペンシル、消しゴム、白い紙(A3・A4程度)コンパス(丸いものを書くのに便利です)文鎮(無ければテープでテーブルに紙の四隅を貼り付けます)電卓(縮尺寸法の計算に使います。)などが挙げられます。

 -日曜大工, 趣味・娯楽

  関連記事

no image

日曜大工の流れ・作れるもの

何を作るか、構想を練る。 考えて決めていくことから始まります。 でも意外とこれが一番難しいものです。

no image

太刀魚が釣れるシーズンになってきました。

私は釣りが趣味です。 と言っても、海釣りで、いわゆる陸っぱりで波止場や地磯からの釣りです。 それに、

no image

日曜大工、最初は試しにこんな感じでやってみましょう。

身近なものから作ってみてはいかがでしょうか? 自宅のお部屋を見渡してみて、木材でできているものといえ

no image

日曜大工とは?

「日曜大工」とは、普通の会社員など大工以外の仕事をしている人が余暇の時間や休日を利用して行う木工作業

no image

夏祭りの浴衣メイク

夏祭りに行くとなると着てみたくなるのが浴衣です。 なかなか着慣れないと敬遠しがちな浴衣ですが、自分で

no image
浮気する夫はこんなタイプ。要注意な旦那ベスト10

浮気する夫はどんなタイプの男性が多いのでしょうか? それがわかれば、結婚する前、いや付き合う時からで

no image
日曜大工の企画・構想を練る

どういった用途のものを、何処に置いて、どのような大きさ・形で作っていきたいかを考えながらデッサンをし

no image
日曜大工の流れ・作れるもの

何を作るか、構想を練る。 考えて決めていくことから始まります。 でも意外とこれが一番難しいものです。

no image
日曜大工、最初は試しにこんな感じでやってみましょう。

身近なものから作ってみてはいかがでしょうか? 自宅のお部屋を見渡してみて、木材でできているものといえ

no image
犬のトイレのしつけ方

子犬にトイレをしつけるのは比較的簡単ですが、成犬やトイレのしつけがすでに備わっている犬に対してトイレ